気の強すぎるMomoと気の弱すぎるNanaの生活を紹介する親バカブログだったのに いつの間にか6プーになっちゃいました。Reiは虹の橋を渡ってしまったけどいつかトラを迎えに来てくれるその日まで5プーに助けてもらいながら頑張るよ〜‼︎

報告5



妊娠は難しいとみんなに言われてたMikuは…




悪阻の兆候も全くなくよく食べよく眠る健康優良児‼︎
まぁ妊娠してないんだから悪阻が無いのは当たり前。
Nanaが妊娠した時は悪阻で1ヶ月半ほどご飯をぜんぜん食べなくて、やっと食べてくれるよぅになったと思ったらベビーちゃんが元気にポンポンお腹を蹴ってたなぁ。
Mikuはご飯もいっぱい食べるしイビキかいて寝てるしwww
7歳になっちゃって妊娠なんてするわけないし。
でも いいねん‼︎
これできっぱり諦めてReiが迎えに来てくれることだけを待ってられるし。
って思ってる横でトラのマッマは「Mikuちゃんがお母さんになるんかぁ〜♪」とトラよりも能天気なことほざいてる。
「妊娠なんかしてないわー」って何回言ってもマッマは信じない。
ほんとボケてるんじゃないかと思うほどMikuが妊娠してると思ってる。
「だって見て‼︎Mikuちゃんお腹大きくなってるやん‼︎」とマッマ。
確かに大きくなってる。
でもそれは毎日自分のご飯とReiのご飯を食べてるから…のはず…


ネガティブ思考のトラは何事にも期待とかしない。
甲子園に行く時もタイガースが勝つなんて思ってない。
だから運よく勝ったらとんでもなく嬉しい。
お仕事もそう。
朝、その日の予定を聞いて早く帰れそうだったとしても期待はしない。
期待すると急な仕事が入って結局帰宅は夜中になる。

だから思う…
なぜマッマは何事にもポジティブになれるんやろ⁈って…
ほんまに親子なんか⁈


にしてもMikuのお腹が大きいのは気になる。
もしかしたらまた炎症起こして腫れてるのかも…
いや、子宮に水が溜まって蓄膿症の一歩手前なのかも…
こうなると悪いよぅにしか考えられなくなるのがトラの性格。
とにかく病院に行って早く処置をしてもらわないと。

予定では12月17日か18日に妊娠判定の検査で病院に行くつもりだったんだけど、もし蓄膿症だった場合悩んでる数日で体に毒素が回り取り返しのつかないことになると思って12月12日の夜お仕事が終わってから病院に駆け込みました。

この日も院長先生を指名しての診察。
いつも長時間待つのになぜかすんなり呼ばれた。
Mikuを抱えて半泣きで「先生‼︎ Mikuのお腹が腫れてるねん。10月30日と11月1日と11月3日に交配したんだけど妊娠はしてないと思うから…」と言いながらMikuを診察台に乗せた。
先生はMikuのお腹をじーっと見て…
「Mikuちゃん妊娠してるんとちゃう⁈」って。
???
「いやそんなはずないと…思う…」

「とりあえずエコーで見てみましょ〜」とニッコリ笑う院長先生。

何か確信してるよぅな院長先生の表情。
そのままエコー室に案内されてすぐにエコー検査。
「ほらね〜。こことここが動いてるでしょ〜。これ心臓なんですよ。はっきり分かるのは2週間後ぐらいやけど少なくても2つの命がMikuちゃんのお腹の中にいますよ。」っと聞いた瞬間に号泣。
もぅ奇跡としか言いようがない。
診察室に戻り出産予定日やら通院の予定やらを聞き帰宅した。
トラはエコー室を出てからずーっと放心状態。
帰宅してからも祭壇の前で何度もエコー写真を見ながら放心状態。

E4FDAFA3-68ED-4E3B-BCCB-55D00EE02CDD.jpg


Reiちゃん…ありがとう。
ママはなにがなんでもMikuとMikuのお腹の中の命を守るから。
ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。
この日からReiには謝るよりお礼を言うことの方が多くなった。


しかしあれほど”妊娠はしてない‼︎”と院長先生やマッマに断言していた自分が恥ずかしい。
交配後ずーっとMikuを観察してたのに…
何を観察してたんだか⁈

でも奇跡なんてそぅ簡単に起きるものじゃない。
無事に生まれてきてこそが奇跡なのよ。
っとまたしてもネガティブ思考。
予定日までの3週間足らず何が起きるかわからないし…


Mikuの妊娠が判ってからのトラはMikuが流産しないよぅにいろんなことにピリピリしてた。
年末でお仕事は休めないからライブカメラでMikuの行動を監視。
帝王切開だから陣痛がきたら病院に連絡すればいぃだけなんだけど、その前後で何をしなくてはいけないのか分からない。
7年前Nanaが出産した時ってどんなんやったっけ⁈
いくら考えても思い出せない。

とにかく予定日が元旦だから必要な物はクリスマスまでに注文しとかないと届かないだろぅし…
ってことでもしかしたら必要になるかもしれないミルクを真っ先に注文した。
MikuはNanaと違って牛のお乳みたいになってるからきっといらないでしょうけどね。
あとは体温計とベビーたちのフカフカマット。
アカンタレMikuは術後目が覚めてベビーたちを見たらきっと怖がって逃げ回り育児なんてできないと思うからNanaの出産時と同様トラが育児することになる。


そんなこんなでバタバタのお仕事とハラハラドキドキのMikuの様子。
クリスマスも元気にお仕事!!
このクリスマスくらいからMikuのお腹を見てるとベビーたちが元気にポンポン蹴ってるのが分かるようになってきた♪
早く会いたいと思う反面本当にこれで良かったのか?と悩んだりもした。
ただ悩んでたってどんどん時間は過ぎていってしまうもの。
トラのやらなきゃいけないことはMikuとMikuのお腹の中で元気に動いてるベビーの命を守ること。
ポコポコ蹴ってグニョグニョ動いて…
こんなの見たらそぅ思うよね!!
では12月27日のMikuのお腹動画どぅぞ♪


※音量注意


12月29日からトラは驚異の11連休。
大手企業か?ってくらいお休みをもらって大掃除もせずMikuの陣痛待ちwww
家を出たのは人間様の食材を買いにコストコに行っただけ。
そして12月31日Reiのいない2回目の年越しそばをみんなで食べて穏やかに2017年を迎えました。

E33E8987-C7F2-4306-AD5D-13302573B2FE.jpg


おしまい。。。



んなわけないし!!


報告(完)に続く

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://momonanalove.jp/tb.php/865-275944d7
<< 報告(完) | TOP | 報告4 >>