気の強すぎるMomoと気の弱すぎるNanaの生活を紹介する親バカブログだったのに いつの間にか6プーになっちゃいました。Reiは虹の橋を渡ってしまったけどいつかトラを迎えに来てくれるその日まで5プーに助けてもらいながら頑張るよ〜‼︎

報告(完)


本当にみんなで穏やかに迎えた2017年。
毎年初詣には行かないトラ家。
朝6時ごろに目が覚めてReiに新年の挨拶♪



その後コーヒーを飲みながら録り溜めた映画を観てたらMikuがクレートの中でホリホリし始めた。
おっ!! きたかな⁈


。。。


。。。


。。。


寝てるし(๑•́ ₃ •̀๑)モゥ…



1時間くらいするとまたホリホリ。



やっぱり今日みたい。

なので病院に電話。

病院は元旦なのに患者さんでいっぱい。
陣痛がきたことを報告し院長先生の手が空いたら折り返しの連絡をもらうことにして、それまではMikuの観察。
Nanaの時は先に破水をしたからびっくりしたけどMikuはたま〜にホリホリする程度。


C22A51B2-DB43-48DE-B1B8-3799287B0025.jpg


院長先生から連絡が来たのが午後3時過ぎ。
Mikuの様子と体温を伝えたら「本格的な陣痛はあと7、8時間くらいかかると思うけど今日なのは間違いないから18時から手術しましょうか」と…

了解( `・ω・´)ゝ

17時50分 静まり返った病院に到着。
診察の後すぐに手術室へ。。。
Nanaの出産時同様手術に立ち合わせてもらいました。
記念すべき誕生の瞬間を動画に収めるため90%くらいメモリの残量がある会社のiPhoneをゴリに渡し撮影と同時にMikuに麻酔がかけられ手術開始。


見たぃ⁈
見ちゃいますぅ⁇
血とか大丈夫⁇

ではどうしても見たい‼︎って方だけどぅぞ♪



※音量注意







手術なんて見たくないわ‼︎
ベビーたちだけ見せなさいよ‼︎って方はこちら↓

AA55877A-1554-4301-A0D4-C76547FE3373.jpg

生後16分の画像ですよ。


「やっと会えたねー‼︎ ほんまに奇跡が起きたんやねー‼︎」

手術が始まってからずーっと泣いてたトラ。
手術室の隣の処置室で生のベビーたちを見てまた号泣。
ふっと横にいるゴリを見たらゴリも泣いてた。
家に帰ってから聞いたんだけど、ベビーたちと初対面した処置室はゴリがReiの死亡を告げられた部屋だったらしい。
ゴリはReiが亡くなった530日前の悲しみが蘇って泣いてたそうな。。。




ベビーたちとの初対面を終え、会計を済まし待つこと1時間30分ほど。
麻酔から目覚めたMikuが元気にトラの腕の中に返ってきてまた号泣。

ありがとうございます院長先生。
ありがとうございます池さん。
ありがとうございます530日間トラを励まし続けてくれたみんなー‼︎

そして。。。

ありがとうMikuちゃん。
ありがとうReiちゃん。


Mikuとベビーたちを連れて無事帰宅したのが20時30分ごろ。
祭壇の前に座りまた放心状態のトラ。
Reiのお位牌を見つめながら止まってた時間が動き出したんやなぁ〜って実感した。
きっとReiは「ほんま世話の焼けるママやで‼︎」って思ってるやろね。


っとそんなこんなのMikuのとんでもない出来事。
Mikuのお腹から出てきたベビーはなんと142gの男の子と161gの女の子‼︎
我が家で初めての男の子♪
名前はNana、Miku、Reiと同じで、亡くなったオカメちゃんの夢くんと空ちゃんからもらい平仮名に変えてゆめとそらにしました。
Momo、Nana、Mike、Rei 同様 Yume、Sora も宜しくお願いします。


約6年ぶりのブログ更新。
たま〜に覗きに来てくれる読者様。
そして、トラちゃんブログなんて書いてたの⁈って思ったIGのお友達の皆様。
毎日一緒にいるのが当たり前のワンコが事故で突然虹の橋を渡ってしまうと生きていく気力が無くなるほど辛いことです。
可愛い我が子を荼毘に付すために自分の手で寝台に乗せるのは地獄です。
寿命を全うし虹の橋を渡った瞬間に”ごめんね”ではなく”ありがとう”と言えるようにどうか気をつけてあげてください。


もうすぐReiの2回目の命日です。
Reiがいなくなった悲しみや寂しさはまだまだ癒えませんがメソメソしながらでも5プーのためにトラは頑張ります‼︎
長い長い報告を読んでくださってありがとうございました。


それから…こちらのブログ…
報告と題しての記事はここまでですが、今後YumeSoraの成長記録をのんびり更新していこぅと思ってます♪
またお時間がありましたら覗いてみてくださいね♡

コメント

真っ暗で深い深い海の底に突如突き落とされ、海面からみんなの「戻っておいで」の声が聞こえつつも 耳もココロも塞いで ただただ沈んで…
時に浮上しようと もがいてみるも、うまくいかず、ただただ沈んでゆく…
そんな時ヨネに
「ついでに底まで行っちゃえばwww?えいっ」
と蹴落とされ、
「そうか、底まで行っちゃおう!」
とついに底まで辿り着いた。
底まで来ると ふと上を見上げたくなるのが人間。
見上げてみたら『Mikuちゃんの妊娠』という一筋の光が…
どん底まで来て地面に足が着いて、人は初めて立ち上がったり ジャンプ出来るようになる。
一筋の光に向かって思い切ってジャンプ!
もがき苦しみながらも海面まで辿り着き、海面から顔を出せば 待っていたのはゆめそらちゃん、そしてMomoNanaMikuちゃん(と他1匹w)、心配してくれてたみんな。
ゆめそらちゃんに振り回され、慌ただしく過ぎていく毎日。
時々また海の底へ潜っちゃうけど、もう大丈夫。
みんなが待っていてくれているのを知っているから……



書籍化決定www
これはこれは命の恩人じゃないですかwww 
長い記事を読んでくれて、頭の良い文学者みたいなコメありがとぅ‼︎
書籍化せんでえーから早よブログ書いてよー♡
今日はヨネちゃんが台風で飛ばされへんか心配で仕事が手に付かんかったわー‼︎
チョコ৳੨৸はご飯食べとるかぃ?
うちは全員食欲旺盛なんやけどYumeSoraがトイレ覚えへんから毎日オネショシーツ洗濯してるねん٩(๑꒦ິȏ꒦ິ๑)۶
MomoNanaMikuReiは賢かったんやなぁって実感したwww
洗濯機が壊れる前に覚えてくれるとえーんやけどね💦

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://momonanalove.jp/tb.php/866-fcf6003a
| TOP | 報告5 >>